Blog

日々のこと

取材を受けました

DSCF3572

こんにちは。かんべ笑会の広報本部長、神戸 そーすけです。
うふふ。先日、福岡市の「チャレンジ!FUKUOKA NEXT」というミニ番組に出ちゃいました。
神戸 海知代がいつもお世話になっている病児保育のスタンドバイ杉原さんが
「福岡を、仕事と育児の両立が日本一しやすい街へ」
というテーマで紹介されることになって、ぼくたちもいっしょに取材を受けたんです。

病児保育は、保育所に通園しているぼくたちが熱を出したり、病気になったとき
仕事を休めないお父さんやお母さんにかわってお世話してくれます。
スタンドバイは「自宅型病児保育」といわれていて、いつもの部屋で面倒をみてくれるから
ぼくもリラックスできるし、お母さんも安心できるみたい。
健康なときも、そうでないときも、保育を受けられる。これ、大事ですよね。

ぼくの登場シーンをアップしました。どうかなあ?
いきなり三代目J Soul Brothersが出てきますがそこにはいませんので、あしからず。
お手数ですが、1分50秒あたりまで早送りしてくださいね。

はじめまして

はじめまして、神戸 そーすけです。かんべ笑会の広報本部長をしています。
会社が生まれる1年前のクリスマスイブに、ぼくは生まれました。
なにぶんにも未熟者ですので、ご指導ご鞭撻をたまわりますよう、よろしくお願いいたします。

ところで、かんべ笑会のロゴ見ましたか? とってもかわいいでしょ?
「かんべ」のかな文字と海知代の「m」をマークにしました。
たまごがカパッと割れて、目玉がとび出るくらいあっとおどろくアイデアを生みだします、
というメッセージもこめているそうですよ。気合いを感じますね。
目玉がとび出しているのは、神戸 海知代の顔の特徴だったりもするんですって。
このロゴマーク、ぼくもすごく気に入っているんですよ。
アートディレクターの和田 初代さんが、デザインを手がけました。

canbe (3)