Blog

日々のこと

ホット!なニュース

猛暑日がつづきますねえ。かんべ笑会の広報本部長、神戸 そーすけです。
こんなアツさもふっとばすくらいのホット!なニュースをお届けしますね。しかも、3本立て!

1つめのニュース。ジャーン♪
ブレーン9月号で、神戸 海知代が「名作コピーの時間」のページを書かせていただきました。
正直3本に絞るのはたいへん。
でも自分の原点を見つめなおすことができて、ホントよかったわあ。とのこと。
この企画、読む人だけでなく
書く人にとってもいろいろな発見があるらしいですよ。

2つ目のニュース。ジャジャーン♪
ピエブックス「家族の心をつかむデザイン」にヤマサ昆布つゆシリーズが掲載されました。
掲載されたシリーズ、じつは
12年前の2004年に初お目見えしたんですが、もっと見たいという声が集まって
2011年にまた広告につかわれていたんですよね。
それだけでも感謝感激なのに
こうして本にのせてもらえるなんて、胸がホット!になっちゃいます。

3つ目のニュース。ジャジャジャーン♪
8月6日からオンエアされているフランソワのパンのテレビCMに、神戸 そーすけが出ます。
どこに出てくるかは、うふふ。
おいしそうにパンをかじっている子どもにご注目。って、いっぱいいましたね。
天然素材100%で、食物繊維も
しっかりとれちゃうから、撮影中もしっかりたべすぎてしまいました。

オイサ!オイサ!

オイサ!博多祇園山笠のクライマックス、追い山を体験しちゃいました。
午前4時59分。太鼓の音とオイサ!のかけ声とともに一番山が登場します。ドキドキするなあ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見物客がいっせいに拍手するなか、一番山が清道内に駆けこんできます。
清道旗をまわると山を据え、博多祝いめでたを歌います。この歌、一番山だけの特権ですって。
見物客も歌っています。ぼくも歌えるようになりたいなあ。
博多祝いめでたを歌いおえると、すぐに舁き出して博多の町へとび出していきます。
その後は5分おきに、櫛田入りします。
二番山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三番山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

四番山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

七番山が櫛田入りを披露したあとは、今年さいごの八番山の登場です。
高さ10メートルほどの飾り山が豪華絢爛な飾りをゆっさゆさ揺らして、櫛田入りを披露します。
ぶわっ、と飾りの人形からスモークが噴き出して、びっくり。
はじまったころはまだ暗かった博多の町も、舁き山が通過するたびに
空が明るくなっていきます。オイサ!のかけ声と見物客の声援が、通りに響きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

博多では、追い山が終わると梅雨が明ける、といわれているそうですよ。

※一番山と八番山は、かんべ笑会のfacebookに動画を掲載しています。

コブシメ祭り

たとえば、イカに頭上から見下ろされたことってありますか?
海のなかにいると、あたりまえにあった景色もあたりまえでなくなってくるからおもしろいね!
と、神戸 海知代が写真を見ながら笑っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

未確認飛行物体? いやいや、ここは海でしょ? マンタもそうだけど、すっごく飛んでいるよ。
これはコブシメっていう、とっても大きなイカ。
イカスミ汁にしても、チャンプルーにしても、刺身や天ぷらにしてもおいしいんだって!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

へえ、魚屋さんで買うと高いんだって? こんなにたくさんいたら1匹くらいお土産にしても…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うわ、わわわ、ごめんなさい、ごめんなさい。つかまえたりしないから、おねがいゆるしてえ。

すーっと、気もちよく。

どうもどうも。かんべ笑会の広報本部長、神戸 そーすけです。
ぼく、生まれてはじめて石垣島へ行きました。石垣島といえばやっぱり、真っ青な海ですよね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ああ、すいこまれそう。
名前のとおり海がだいすきな神戸 海知代は、この海にもぐって友だちと会ってきたそうですよ。
友だちって? 写真を撮ってきたので、見せてもらいましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おおお、マンタですね。世界最大の、エイ。うーん、ぼくの身長の10倍くらいはあるのかなあ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すーっと、気もちいい。
こんなイメージで家事も仕事もできるといいのよね。と、神戸 海知代がそっとつぶやきました。

福岡、すきですか?

DSCF3704

日曜日、家族みんなで「FUKUOKA NEXT 2016」に参加しました。
福岡ってどんな街なんだろう? どんな人たちが暮らしているんだろう? と興味シンシン。
会場に着くと、市長さんの熱いトークがはじまっていました。
(開始の時間に遅れて、ごめんなさい)
若い市長さんだなあ。神戸 海知代よりも5つ年下なんだそうですよ。
参加者は5~6人ずつ26のテーブルにわかれて、自分の考えるNEXTを語りあいます。
ぼくのNEXT、いっぱいありすぎてこまっちゃうなあ。
神戸 海知代もはじめはとまどっていたけれど、いろんな人と話していました。
福岡市役所につとめるお母さん、博多織を手がけるおねえさん、
ペン習字のお師匠さん、親の事業を継いだおねえさん、
成人フェスの仕掛け人のお兄さん、福岡大学の学生や院生のみなさん。
いろんな人が、いろんな場所や方法で、街の活性化に熱心にとりくんでいるんだなあ。
ぼくも福岡のこと、だいすきになりそう。もう、なってきましたよ。

自然の猛威に

春めいてきましたね。かんべ笑会の広報本部長、神戸 そーすけです。
先週、神戸 海知代が審査員をつとめていた宣伝会議賞の贈賞式に参加するため出張しました。
ぼくは保育園で、のんびりお留守番。
3時のおやつが終わったころには無事に東京へ着いているはずだったんだけど
な、なんと!まだ福岡にいるというじゃありませんか。

DSCF3643

濃い霧の影響で、羽田発着の168便が欠航になっていたそうです。
かろうじて、神戸 海知代がのるはずだった便は遅れて飛ぶことに決まったのでひと安心。
2時間もあればよゆうで着きますよ、と強気だったのが一転
贈賞式のあとの懇親パーティーに顔を出すのが精いっぱい、という有様でした。
自然をあまく見てると痛い目にあうんですねえ。気をつけなくちゃ。

取材を受けました

DSCF3572

こんにちは。かんべ笑会の広報本部長、神戸 そーすけです。
うふふ。先日、福岡市の「チャレンジ!FUKUOKA NEXT」というミニ番組に出ちゃいました。
神戸 海知代がいつもお世話になっている病児保育のスタンドバイ杉原さんが
「福岡を、仕事と育児の両立が日本一しやすい街へ」
というテーマで紹介されることになって、ぼくたちもいっしょに取材を受けたんです。

病児保育は、保育所に通園しているぼくたちが熱を出したり、病気になったとき
仕事を休めないお父さんやお母さんにかわってお世話してくれます。
スタンドバイは「自宅型病児保育」といわれていて、いつもの部屋で面倒をみてくれるから
ぼくもリラックスできるし、お母さんも安心できるみたい。
健康なときも、そうでないときも、保育を受けられる。これ、大事ですよね。

ぼくの登場シーンをアップしました。どうかなあ?
いきなり三代目J Soul Brothersが出てきますがそこにはいませんので、あしからず。
お手数ですが、1分50秒あたりまで早送りしてくださいね。

はじめまして

はじめまして、神戸 そーすけです。かんべ笑会の広報本部長をしています。
会社が生まれる1年前のクリスマスイブに、ぼくは生まれました。
なにぶんにも未熟者ですので、ご指導ご鞭撻をたまわりますよう、よろしくお願いいたします。

ところで、かんべ笑会のロゴ見ましたか? とってもかわいいでしょ?
「かんべ」のかな文字と海知代の「m」をマークにしました。
たまごがカパッと割れて、目玉がとび出るくらいあっとおどろくアイデアを生みだします、
というメッセージもこめているそうですよ。気合いを感じますね。
目玉がとび出しているのは、神戸 海知代の顔の特徴だったりもするんですって。
このロゴマーク、ぼくもすごく気に入っているんですよ。
アートディレクターの和田 初代さんが、デザインを手がけました。

canbe (3)